読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざ・わーるど@はてな

気が向いた時に更新する雑記です

海堂尊先生の『マドンナ・ヴェルデ』を読んだ

海堂尊先生の『マドンナ・ヴェルデ』を読んだ。

「ママは余計なこと考えないで、無事に赤ちゃんを産んでくれればいいの」平凡な主婦みどりは、一人娘で産科医の曾根崎理恵から驚くべき話を告げられる。子宮を失う理恵のため、代理母として子どもを宿してほしいというのだ。五十歳代後半、三十三年ぶりの妊娠。お腹にいるのは、実の孫。奇妙な状況を受け入れたみどりの胸に、やがて疑念が芽生えはじめる。「今の社会のルールでは代理母が本当の母親で、それはこのあたし」。

代理母出産をテーマとしたお話。
先が読める!と重いながら読み進めていて7割くらいまで来たところで
「これ、前に読んだことある!」と気づいていろいろな意味で衝撃を受けた。

マドンナ・ヴェルデ

マドンナ・ヴェルデ