読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざ・わーるど@はてな

気が向いた時に更新する雑記です

新堂冬樹先生の『ブラック・ローズ』を読んだ

新堂冬樹先生の『ブラック・ローズ』を読んだ
図書館で何となく棚を見ていてこれ読んでいないなーと思ったので借りてみた。
内容はこんな感じ。

実の父親を自殺に追い込んだドラマ界の帝王・仁科を蹴落とすため、テレビ制作会社のプロデューサー・唯は、累計発行部数500万部を超える大ベストセラー小説のドラマ化を画策した。あまりにも切なく美しい復讐劇が幕を開ける―。

1時間くらいで読み終わった。
伏線はあったけど、ラストがあまり納得いかないかなー。

ブラック・ローズ

ブラック・ローズ