読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざ・わーるど@はてな

気が向いた時に更新する雑記です

伊坂幸太郎先生の『バイバイ、ブラックバード』を読んだ

伊坂幸太郎先生の『バイバイ、ブラックバード』を読んだ。

内容紹介
「理不尽なお別れはやり切れません。でも、それでも無理やり笑って、バイバイと言うような、そういうお話を書いてみました」(伊坂幸太郎)。

太宰治の未完にして絶筆となった「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語!


内容(「BOOK」データベースより)
太宰治の未完の絶筆「グッド・バイ」から想像を膨らませて創った、まったく新しい物語。1 話が 50 人だけのために書かれた「ゆうびん小説」が、いまあなたのもとに。

無学なので太宰治先生の「グッド・バイ」を読んでいないという。
アマゾンのレビューを読んでみたら、登場人物の「繭美」が
マツコデラックスさんで再生されたみたいな意見が多くて笑った。


大体の人はそう思うよね。自分もそうだったし。

バイバイ、ブラックバード

バイバイ、ブラックバード