読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざ・わーるど@はてな

気が向いた時に更新する雑記です

海堂尊先生の『モルフェウスの領域』を読んだ

海堂尊先生の『モルフェウスの領域』を読んだ。

日比野涼子は桜宮市にある未来医学探究センターで働いている。東城大学医学部から委託された資料整理の傍ら、世界初の「コールドスリープ」技術により人工的な眠りについた少年・佐々木アツシの生命維持を担当していた。アツシは網膜芽腫が再発し両眼失明の危機にあったが、特効薬の認可を待つために五年間の“凍眠”を選んだのだ。だが少年が目覚める際に重大な問題が立ちはだかることに気づいた涼子は、彼を守るための戦いを開始する―“バチスタ”シリーズに連なる最先端医療ミステリー。

なるほどですねー。


話は全く関係ないのですが、
献血してみたいのでそのうち行こうと思います(やったことがない)。

モルフェウスの領域

モルフェウスの領域