読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざ・わーるど@はてな

気が向いた時に更新する雑記です

湊かなえ先生の『往復書簡』を読んだ

湊かなえ先生の『往復書簡』を読んだ。
登場人物が自分宛にコミュニケーションしてきている感覚で
読むことが出来るといういつもながらの形式。


今回の話はタイトルからもわかるように、
登場人物それぞれが手紙でやりとりをして、
それを読み手である自分が受け取り話を理解していくような感じ。

あれは本当に事故だったのだと、私に納得させてください。高校卒業以来十年ぶりに放送部の同級生が集まった地元での結婚式。女子四人のうち一人だけ欠けた千秋は、行方不明だという。そこには五年前の「事故」が影を落としていた。真実を知りたい悦子は、式の後日、事故現場にいたというあずみと静香に手紙を送る―(「十年後の卒業文集」)。書簡形式の連作ミステリ。

このやりとりいうのが女性的な内容っぽい印象で、
男性の自分からするとなんでこんなチマチマしたやりとりを延々と手紙で続けているのだろう
という気持ちになってきて 1/3 くらい読んだところでどうでもよくなって読むのをやめてしまった。

往復書簡

往復書簡