読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざ・わーるど@はてな

気が向いた時に更新する雑記です

ダイエット継続に最適 スマートフォン連携可能な体重計「タニタ RD-905-BK」を購入

f:id:theworld:20160104123324j:plain

iPhoneやAndroidと連携して体重、体脂肪・筋肉量などを自動記録できる体重計「タニタ RD-905-BK」を購入。

購入しようと思った理由

まず、何かを継続しようと思った場合に「記録する」と継続率が上がりやすい。

2009年にランニングを始めて、いまだに定期的に走ることを続けられているのだけど、これはiPhoneアプリの「Nike+ Running」が「走った距離」「タイム」などの統計データを自動で記録してくれるから。

f:id:theworld:20160130164052j:plain

これから手動だった場合、途中で面倒臭くなったりして大体続かなくなると思う。

体重の記録をEvernoteでしていたけど…

毎年、体重が増えてある程度絞るということを定期的にしているのだけど、毎日体重を量って、Evernoteに体重、体脂肪率などを記録していた。

f:id:theworld:20160130161937j:plain

やる気がすごくある時はこれを継続できるのだけど、ある程度目標を達成したりサボり始めるとやがて全くやらなくなる。

継続して体重を測るようにするにはどうしたらよいか

ランニングで上手くいっているとおり、体重もなるべく自動で記録するようにする。 人間は基本的に継続するためのにかなり労力がいるので、できる限りラク出来るのが良い。 ということで、計測したデータを記録出来る体重計を買うことにした。

購入する体重計の条件

  • iPhone アプリでデータの記録、閲覧が出来る
  • 体重計に乗ったら体重、体脂肪率、BMIなどある程度のデータが記録される
  • 体重計とアプリのデータを同期するのになるべく手間が掛からない

とにかく手順が少なくてやることが苦にならないことが大切。 色々な製品を調べた結果、「タニタ RD-905-BK」だと上記の条件を満たせそうだったので購入してみた。

f:id:theworld:20160104123428j:plain

f:id:theworld:20160104123353j:plain

iPhone・Androidアプリと連携

まずスマートフォンアプリをインストール。

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット

タニタの無料健康管理アプリ ヘルスプラネット

  • TANITA HEALTH LINK.INC
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料
itunes.apple.com

体重計とiPhoneをBluetoothで連携させると、アプリから体重計を起動出来るようになる。

f:id:theworld:20160130162000p:plain

あとは体重計に載るだけ。すると以下のような項目を自動的に取得してデータを保存してくれる。

f:id:theworld:20160104233636j:plain

f:id:theworld:20160130162002p:plain

そして、そのデータをアプリからグラフや一覧で見ることができるように。

f:id:theworld:20160130162001p:plainf:id:theworld:20160130162004p:plain

手動よりも断然記録がラクになって便利すぎる。 データが溜まってくるとこんなに数値変化したかー、というのがわかってきて 目標とする体重とかを決めているときはモチベーションが上がりまくって素晴らしい。

ホットコーヒーを飲むのに手放せない「THERMOS 真空断熱ケータイマグ」を再購入

買い物

f:id:theworld:20160120122025j:plain

2012年に買った「サーモス」の「真空断熱ケータイマグ」(ようするに水筒)が壊れてしまったので新しいものを購入した。

※前に購入したときのエントリを見てみたら、写真の撮り方がほとんど同じだった…!

毎日、かなりの量のホットコーヒーを飲むのでこれがないと本当につらい。

手放せない理由

  • いつも500mlのサーモマグに一杯くらいホットコーヒーを入れていく
    • この量だと3杯くらい買わないといけないのでコンビニコーヒーでも結構な出費
    • 自前だと一日100円もしない
  • 朝いれて夕方くらいまではかなり温かい状態で飲める
  • どこでも温かいコーヒーを飲める。ラーメン屋さん行った後とか最高

ちなみに、「THERMOS 真空断熱ケータイマグ」は前とそっくりそのまま同じものを買おうと思ったのだけど、飲み口を外して洗えたり、細く軽量化されていたりとバージョンアップしていたのでなぜだかお得な気分であった。

f:id:theworld:20160120122146j:plain

オススメのコーヒー

「真空断熱ケータイマグ」と合わせて手放せないのが格安スーパー「オーケーストア」で販売されているオリジナルのコーヒー。

f:id:theworld:20160123132037j:plain

オーケーのおすすめ品 | オーケー株式会社

個人的な好みにすごく合っていて飲みやすい上にかなり安いので重宝している。

無くなってしまうと困るので、「オーケーストア」が近くにある人に大量購入して人気商品と思ってもらいたいほど。

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ディープパープル JNL-500 DPL

サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 0.5L ディープパープル JNL-500 DPL

格安SIM(MVNO)に変更したら通信料金がかなり節約になった

携帯 買い物

f:id:theworld:20160123122643j:plain

格安SIM(MVNO)に変更した理由

  • ある日、普段はほとんど見ないスマートフォンの料金を見たら8000円オーバー
  • 確かこれまでは5,000円くらいだったはず!?と思ったら初期の割引期間が終了していた
  • データ通信量を確認したら毎月平均で2.2ギガくらい。キャリアは7ギガを提供。使い切れていない。
  • iPhone5を3年くらい使っていてそろそろ代えたかった
  • 端末代はすでに償却しているのに、月8,000円オーバーはいくらなんでも高すぎる

ということで、MVNOにするか検討することに。

MVNOにするメリットとデメリット

メリット

  • 自分の場合、これまでも毎月の料金が7,000円は安くなる
  • キャリアの2年しばりが関係なくなる

デメリット

  • キャリアメールが使えなくなる (そもそもスマートフォンでは使っていなかった)
  • 海外に行ったときにキャリアの提携回線が使えない (年に1回行くかいかないか)
  • MVNO良くわからない (というか、キャリアのサービス内容も良くわからない)

MVNOとキャリア回線の料金比較(自分の場合)

スマートフォン端末

Androidも検討したけど、ラップトップ、タブレットもApple、家族もiPhoneだし、iPhone使い慣れているということでiPhoneを選択。

「iPhone 6s」「Apple Care」「ケース」をオンラインのApple Storeで買うと12万円くらいになって、iPhoneってすごく高いんだなと思った。

中古のiPhoneも大差ないので、3年くらいは使うつもりだから新品を買う事に。

f:id:theworld:20160123122014j:plain

回線プラン

毎月2ギガくらいしかデータを使わないので、各社の3ギガプランで検討。 大体、音声通話付きでも1,900円くらいだったのでそれで料金を試算。

利用月数 これまで MVNO
1 8500 1900
2 8500 1900
3 8500 1900
4 8500 1900
5 8500 1900
6 8500 1900
7 8500 1900
8 8500 1900
9 8500 1900
10 8500 1900
11 8500 1900
12 8500 1900
102,000円 22,800円
利用月数 これまで MVNO
13 8500 1900
14 8500 1900
15 8500 1900
16 8500 1900
17 8500 1900
18 8500 1900
19 8500 1900
20 8500 1900
21 8500 1900
22 8500 1900
23 8500 1900
24 8500 1900
204,000円 45,600円
利用月数 これまで MVNO
25 8500 1900
26 8500 1900
27 8500 1900
28 8500 1900
29 8500 1900
30 8500 1900
31 8500 1900
32 8500 1900
33 8500 1900
34 8500 1900
35 8500 1900
36 8500 1900
306,000円 68,400円
これまで MVNO+新規端末(約12万円)
1年 102,000円 142,800円
2年 204,000円 165,600円
3年 306,000円 184,400円

新規端末を買った場合でも、1年を過ぎた途中くらいから逆転してお得になる計算だし、新しい端末にしたいしというこどて変更を決断。

MVNOの比較について

どこの回線にしたらよいのかよくわからなかったで、調べてみたけど

  • 結局、どれも数百円くらいしか差が無い
  • 回線は、いまよくてもいつ遅くなるかわからない

ということで、「結局の所どれでも大差無さそうだから好きなのにすれば良い」ということで、ビックカメラがやっている「BIC SIM(ビックシム)」にした。

「BIC SIM」にした理由

  • 仕事でAndroid + 格安SIMを買う機会があって慣れている
  • MVNOでもナンバーポータビリティ出来ると知ったけど、自分でやるのはよくわからなかった。「BIC SIM」は窓口が店舗にあって、そこで即日開通してくれるということだったから任せれば良さそう。

実際、Webでやる手続きとほとんど同じ事を店舗のiPadでやることになるのだけど。 あと、「BIC SIM」といっても名前がそうなっているだけで、実際は「IIJmio」との契約になる。

MVNO契約でやること

まとめ

とりあえず、3ヶ月くらい使っているけど、特に問題は起きていない。 毎月7,000円近く浮くことになったのは結構大きい節約で、浮いたお金を違うことに使うつもり。 妻のスマートフォンも古くなってきたし、同じく変更しようと思っております。